排卵日検査薬とホルモンの関係

MENU

プロがおすすめ!眼精疲労のツボ:額のツボ 陽白(ようはく)

 

眼精疲労に効くツボとしては、足の少陽胆経に属する陽白が有名です。この経穴を刺激することによって、経絡を流れる気や血、津液の流れを良くして、体の自然治癒力を高めることができます。結果的には眼精疲労も含めて、頭痛にも対応することができます。正しい取穴と押し方を実践するためには、経絡と経穴の理論の基本を覚えておくことも大切です。

 

陽白は左と右の眉毛の上にあり、前頭筋が動く場所でもあります。顔の表面を覆う表情筋が硬くなることは、血行のためにも良くないのは明かです。オフィスで長時間にわたってパソコンを使っている場合には、額のツボを刺激することもおすすめです。東洋医学的には気や血などの流れを良くしていきますが、西洋医学的に見れば血液の流れを良くすることが分かります。中医学の血とは微妙に違いますが、額の血行を良くすれば眼精疲労も和らぐことは確かです。

 

陽白は眉弓の上に1寸の長さで取穴して、じっくりと作用させる押し方をすれば経絡に向かって気を送りこむことができます。陽白だけでなく、額のまわりの他の経穴も刺激すると効果的です。手のひらや足裏の経穴も刺激して、眼精疲労も解消できるのが経絡理論の奥深いところです。